体脂肪率 減らす

体脂肪率を減らすには

 

メタボ

青年といわれる年齢を終え、中年といわれる年代になってくると、さすがに中年太りという言葉もある通り、

 

内臓脂肪が気になりますよね。

 

内臓脂肪は男性ホルモン値の低下より筋肉量が低下し、生活習慣の悪化も相まって、増えてくるものです。

 

最近ではメタボリック症候群といわれて、腹回りを図ることが人間ドックなどで実施されていますが、

 

実は、メタボリック症候群って、腹回りが何センチ以上という括りだけで判定されるものではない、ということはご存知ですか?

 

 

メタボリック症候群とは?

 

メタボ

メタボリック症候群とは、生活習慣病の一歩手前の症状という状態で、

 

肥満症、高血圧症、脂質異常症、高血糖のうち、肥満症に加えてそれ以外の3つのうち、2つが当てはまることによって、初めてメタボリック症候群と判定されるのです。

 

メタボリック症候群が進行すると、高血圧、糖尿病、高脂血症という生活習慣病にかかり、このあたりから、EDという血管障害の初期症状が発症します。

 

EDとなったら、血管が悪くなってきているんだな、と理解することが必要で、それを放置しておくと、動脈硬化、脳卒中、脳梗塞などになる危険があります。

 

 

勃起不全となったら精力剤が一番です。

 

 

勃起不全となったら精力剤を飲むことをおすすめします。

 

 

勃起薬を飲んでも勃起しますが、根本的な解決にはなりません。

 

 

精力剤を飲むことによって、男性ホルモン値が上昇し、血流が改善されて、健康な体に回復します。

 

 

内臓脂肪を減らす努力も

 

もちろん、このページのテーマである、内臓脂肪を減らす努力も必要です。

 

 

毎日の通勤時に一駅長く歩くとか、エレベーターを使わず階段を使うとか、脂っこい食事を食べないとか、簡単にできる努力というものはあります。

 

 

ちょっと意識するだけで1年後には劇的に変わっていますので、ぜひチャレンジしてみてください。